クレジットカードのキャッシングをカードローンでおまとめ

§カードなしローン
。。。http://www.lacosaincimaallescale.com/

8年前から6年前に掛けて、クレジットカードのキャッシングを利用していました。正確に言えば、利用されてしまっていたと言った方が良いかもしれません。
当時、2人の子供たちがタブル幼稚園ということもあり、生活費の遣り繰りが苦しかったのでしょう。妻は、「利用残高を確認したい」、「引き落とし額を確認したい」と、何だかんだ理由をつけては、私へクレジットカードを貸して欲しいと言っていたのです。
振り返れ、それは全てクレジットカードのキャッシングを利用していたのです。クレジットカードのキャッシング枠は、100万円を超えるような限度額の設定にはなっていませんので、1枚のクレジットカードが一杯になってしまうと、次のクレジットカードを利用してキャッシングを始める形で、計3枚のクレジットカードのキャッシングをしている状態でした。
妻から、キャッシングの事実を告白されたのは、そんな状態になってからっした。私は、金利を確認して驚きました。どれも、上限金利である18%の設定です。返済金額もどんどん積み上がっていき、毎月の収入では、到底遣り繰りつかないものとなっていました。
妻はキャッシングのことを何も分からずに、安易にキャッシングが出来る、私のクレジットカードを利用してしてしまっていたのです。
私は、銀行系のカードローンで「おまとめローン」として、完済を目指すのが得策であると考え、銀行系のカードローンを申込みしました。審査結果、限度額300万円で、金利は年7.1%。クレジットカードのキャッシングと比べたら雲泥の差です。毎月の返済額も35,000となり、苦しいながらも、何とか毎月返済を続けていける状態にはなりました。
クレジットカードのキャッシングとカードローンとは、限度額の大きさや金利面で、大きな差になります。また、銀行系のカードローンであれば、総量規制の対象外ということもあり、「おまとめローン」とするには、良い形であると思います。

わたしはお金を借りてまでギャンブルをしたい病気の人間です

お金が欲しい!そんな時に頼りになるのがカードローン
20代前半の話になりますが、その時は学生時代にあまり発散できなかったせいか、社会人になったとたんに私は遊び人になってしまいました。それこそ給料の範囲に収まらず、趣味やお水など仕事でためたストレスや今までの欲求不満を満たすために稼いだ給料をすぐにほとんど全て使い果たしておりました。当然お金が足りなくなり、私はお金がほしいと思い、レイクに電話を入れ始めてキャッシングをしました。限度額は50万と提示され、承諾しました。実際に取引を行うため、無人契約機まできてくれと言われ、一番近い天王寺支店を案内されました。天王寺駅から少し離れた名前も知らない無名のビルに設置されていて、目立たなく探すのに時間が掛かりました。すでに審査は電話をした時に通過したので、手続き自体はオペレーターと電話で話をし、免許証などのコピーなどの手続きだけで済み、30分ほどでカードが発行され、すぐにキャッシングをしました。ばれにくさとしては本当に目立たないところにあったので、地元の人にばれたくないと思う人には打って付けの場所だと思います。元々は学生時代は私は目立たなくいわゆる地味っ子の男でした。ですが内心ではクラスのみんなみたいにいろんな趣味や恋愛などの願望がありました。しかしどう具体的に行動すればよいのか全く分からなかったのです。コミュニケーション能力というか、人間力というかそういったスキルやキャパはほとんどない状態で、社会人になったのです。しかしお金を払うことによって友人や女性(キャバクラ)などが相手をしてくれると自分なりに誤った理解をしてしまい、後は仕事のストレスを発散するためにキャッシングをしました。それから自分の趣味などにお金を使いました。レイクは無利息期間が長いことで有名で、余計な利息などはできるだけ払いたくないと思い、私はレイクにキャッシングをしました。不安は会社に在宅確認入れられることでしたが、それはどこの金融機関も行っており、必ずしもそれで会社にバレる訳でないらしいので、承諾しました。契約の手続きも当日に終わり、当日に借りることができたので、迅速かつ正確なサービスをしてもらったと思っております。

何があっても身内とはお金のトラブルを起こしたくない

まとまったお金が必要になった時、身内からお金を借りる人もいるようです。
私からするとそれは信じられません。
ほんの少しのお金ならまだ分かりますが、それが大金となると理解に苦しみます。
私は身内からお金を借りた事がありませんし、借りようとも思いません。

身内からお金を借りるぐらいなら、金融会社に借りた方がマシです。
金融会社の場合は面倒な手続きや審査もありますし、金利も発生してしまいます。
(最近は一定期間金利がゼロのキャッシングもありますが)
それでも身内からお金を借りないのは、お金のトラブルは人間関係を簡単に崩してしまうからです。
そういう事例を見てきたので、自分は絶対にそうなりたくないという想いが強いです。

自動車学校に通うためにまとまったお金が必要になりました。
その時は身内には借りずに金融会社から借りました。
意外と審査は簡単に済んで、すぐにまとまったお金を借りる事ができました。
金利の分のお金が勿体ないと思ったりもしましたが、一刻も早く免許を取得したかったので仕方ありません。
借金をしているというのが嫌だったので、なるべく早く借金を返済しました。

もし今後、まとまったお金が必要になった場合ですが。
身内に借金はしたくありませんので、金融会社にお金を借りると思います。

本音を言えば出来るだけ前もってお金を貯めてから大きな買い物はしたいと思っています。
ですがやむを得ず借金しなければいけない場面も出てくるかもしれません。
その際は事前に下調べにしておいてから、信頼の出来る金融会社を選べたらいいなと思っています。

他の「欲」は我慢出来ても、私の「物欲」は止められない!

普段の生活の中で我慢しないといけないことなどいくらでもあるし、実際に今までは我慢してきました。でも、私が唯一我慢出来ないことがあります。

それは、「物欲」。欲しいものがあると、それをすぐにでも手に入れないと気が済まないのです。例えば、10万円のバッグがどうしても欲しいとします。ネットで注文したら8万円で買えたとしても、目の前の10万円を買ってしまうのです。

問題はそのお金があるかどうか。お金がなくても手に入れたくなるのです。

お金がない時の物欲を満たす手段として有効なのが主婦でも借りれるキャッシング。私はいつもキャシングでお金を借りて現金の用意をしています。クレジットカードで買い物する時もあるのですが、クレジットカードが使えないパターンも結構あるので、専らキャッシング。

次の給料日までに返せる範囲でという自分ルールを作って無理のないようにはしています。

最近は、借入から30日以内であれば、金利がゼロ円といキャッシングが多いので、余計な出費を増やさずにお金を借りることが出来ています。

結婚費用、親がダメなら簡単にお金を借りるのがいい!

結婚式は、それなりに盛大にやりました。
ホテルで神前式をして、その後披露宴をしました。衣装は、白無垢、振りそで、色ドレスを着ました。
招待客は、300人ぐらいでした。

私は、一人娘なので、結婚式をきちんとやることは、親孝行だと思っていました。
だから、それほどケチケチせずに、料理でも引出物でも、それなりに良い物を選びました。

費用に関しては、私の場合はお金を借りるのではなく親が全額負担してくれました。
娘の結婚費用を親が出すのは当たり前のことだと思っていました。
結婚費用とは、そういうものだと思っていました。

でも、夫の方は、自分の貯金とお金を借りて支払いました。
だから、新婚の頃は貯金がだいぶ減ってしまっていました。
そうと知っていたら、もっと安く済ませたのにと思いました。
簡単にお金を借りるのなら、もっと早く言って欲しかった。
そこまでして、豪華にやるつもりはなかったのが本音です。

それにしても、私の場合、親に出してもらったことは、とてもありがたいことだったのですね。
感謝しなければいけませんね。

☆どうしても結婚式の費用が足りなくなったら、簡単にお金を借りることも考えましょう。
http://簡単にお金を借りる.jp/

金融会社について私が持っているイメージ

個人事業をしていたりする場合には、急にまとまったお金が必要になる場合があると思いますが、普通に生活をしている上では、まとまったお金が必要になるという事は滅多にないと思います。

しかし、一人暮らしをしている場合などは、急な帰省など、給料前にお金が必要になる事も出てきます。

そのようなケースを考えると、すぐにお金を融資して貰う事ができる消費者金融や信販会社は、とても便利だと思います。

それに、いざという時にしっかりした目的があるのであれば、そのような業者からお金を借りる事は、決して悪い事ではないと思います。

それでも、収入に見合った生活をしてれば、そう何度もお金をかりなくてはいけない状況にはなりません。

簡単にお金が借りられるからと言って、気軽に利用してしまう人、返済の事を考えずにお金を借りてしまう人がいる為、消費者記入や信販会社に対して良くない印象を与えてしまうのだと思います。

便利ですが、やはりなるべく利用したくないと思っています。

お金を借りるなら仕事や給与を考慮して

お金を借りる場合、キャッシング会社によっては仕事や給与などを見て、返済できる人かどうかを判断していることがあります。

安定した仕事に就いている自信がある場合は選択肢の幅が広がりますが、そうでない場合はキャッシングの情報サイトや口コミサイトなどを活用して調べた方が良いです。

基本的に金利、審査、その他いろいろな項目を比較している情報サイトは多いため、調べるのは容易いです。

口コミに関しては信頼性が高い情報なのかも込みでリサーチしましょう。